ITエンジニアの転職理由と問題解決法

ITエンジニアは納期間近に長時間労働や残業、休日出勤などを任されることがあるため、ハードワークを理由に転職を考える人も少なくありません。特に最少人数のエンジニアが仕事をこなしている現場では、優秀な人材が定着しにくく、年中多数の離職者が出るところもあります。
もし転職後にハードワークについて悩まないようにしたい場合は、数あるIT企業の中でもエンジニアの配置に余裕があるところや、新卒者や転職者へのサポートが行き届いているところを見つけましょう。また、採用面接の際に毎月の平均的な残業時間や休日出勤の有無について、担当者に質問することも大事です。

IT業界で働く20代中盤から30代後半のエンジニアの中には、キャリアアップや収入アップを目的として転職を希望する人も増えています。こうした前向きな理由で転職したい場合は、若手から中堅のエンジニアの転職を歓迎しているIT企業を探したり、在職中から複数のIT企業の採用担当者とコンタクトを取ったりすることが大切です。
もし、求人情報誌や求人サイトを利用したものの、自分の希望通りの職場が見当たらないという人は、転職支援を専門とする人材紹介会社を利用するという方法もあります。一般的に、難易度が高い国家資格を持つ人や、プロジェクトのリーダーを担当したことがある人は、人材紹介者を通じて職場探しをすることで、新しい職場で高待遇で働ける可能性があります。

なお、一定の経験があるのなら、転職以外に、フリーランスになるという選択肢もあります。どちらがいいいとは一概には言えないので、どちらを選ぶ?フリーランス VS 転職などの情報サイトを参考に、自分に合った道を選びましょう。