フリーランスになるなら考えるべき出口戦略

フリーランスエンジニアになる際は、独立してからいかにして成功するか、収入を得るかといった点を重視しがちです。
少し視野が広い人は、税務対策や経理対応の仕方を検討することもあり、セミナーに参加して知識を得ていることもあります。しかし、フリーランスエンジニアとして働いている段階より、もっと先に目を向けることが実は重要です。

エンジニアはフリーランスとして独立する前に、出口戦略を考える準備が必要です。
フリーランスエンジニアになったら、ずっとフリーランスで働いていきたいと思う人も多いでしょう。しかし、現実的には老年になるまでフリーランスで働き続けるのは困難なので、出口戦略を考えることが必要です。

独立直後から成功したエンジニアも、いつまでも稼ぎ続けられるとは限りません。数年後には今持っているスキルだけでは案件を手に入れられなくなるリスクが高く、全く仕事がなくて困ることになる可能性もあります。
スキルを身につけていつでも案件を獲得できるようにするのが重要ですが、年齢を重ねるとスキル習得はかなり大変になるでしょう。しかし、その段階で出口戦略を考え始めても、道筋を立てられずに困りがちです。
フリーランスエンジニアになる際は、次のステップが必要になることを心構えとして持っておきましょう。フリーランスの次にどのような働き方をしたいかを考えて、計画的にキャリア形成をしておけば、長期にわたって働き続けられるようになります。